女性であれば誰もが持っている共通の悩みのひとつが「黒ずみ」ではないでしょうか。

ちょっとお肌の手入れを怠っただけで鼻の上に黒ずみが出来ていたなんて経験がある人も多いでしょう。

今回は、そんな黒ずみや毛穴の汚れと、クレンジングの関係性について紹介したいと思います。

黒ずみや毛穴の汚れの原因を知ろう

そもそも黒ずみや毛穴の汚れはどのようにして発生するかを理解する必要があります。

毛穴の汚れができる主な要因はふたつです。

ひとつは、余分な皮脂や角質が毛穴に蓄積されていること。

そしてもうひとつが、メイクの汚れが毛穴に残っていることです。

毛穴に蓄積される皮脂や汚れは毛穴の広げる原因にもなります。

蓄積され続けると毛穴のなかにどんどん汚れが溜まっていき、結果的に黒ずみとして表面化する仕組みになっているのです。

つまり、毛穴に皮脂や汚れを貯めないことが重要です。

スポンサードリンク

毛穴に汚れが溜まる理由

毛穴に皮脂やメイクの汚れが残ることで黒ずみに繋がるわけですが、クレンジングが十分でないことで毛穴は汚れてしまっています。

一見は、綺麗にメイクを落とせているようでも、実はメイクの汚れは毛穴に詰まったままということが多いのです。

このことは、クレンジングが正しく行われていないことを示しています。

毛穴にメイクを残さないためにも、理想的なクレンジング方法を理解しましょう。

毛穴にメイクを残さないクレンジング法

毛穴に汚れを残さないために最もおすすめするクレンジング剤は、クレンジングクリームです。

クレンジングクリームはクレンジングオイルと比較して、メイクを落とす洗浄力は低いとされています。

しかし、皮脂汚れを落とすことに長けています。

さらに、クリーム状のためオイルなどよりもお肌への摩擦が少なくて済みます。摩擦が抑えられるということは、毛穴が開く原因を抑えるということにも繋がります。

皮脂汚れを落とせ、さらには毛穴を広げることが少ないクレンジングクリームを使ったクレンジング法は、毛穴汚れや黒ずみに効果的と言えるのです。

反対に、毛穴汚れや黒ずみの改善に相応しくないクレンジング法も理解しておくといいでしょう。

とくに拭き取り式のクレンジングシートは、毛穴汚れや黒ずみを悪化させてしまう可能性があります。

その理由はふたつです。

ひとつは摩擦が多く、摩擦によって毛穴を広げてしまうこと。

そしてふたつめが、毛穴汚れを押し込んでしまうことです。

本来であれば、毛穴を広げることなく、汚れを浮かび上がらせるべきですが、まったく正反対のことをしてしまうのです。

したがって、拭き取り式のクレンジングシートはおすすめできません。

  • 毛穴汚れや黒ずみに効果的なクレンジング法はある
  • 毛穴汚れや黒ずみのメカニズムを理解する
  • 黒ずみなどを改善するクレンジング法を知る
  • クレンジング法によっては毛穴の汚れや黒ずみを悪化させることもある