クレンジングオイル、クレンジングミルク、さらにはクレンジングジェルなど様々なタイプのメイクの落とし方がありますが、最もシンプルな石鹸はメイク落としに有効なのでしょうか?

今回は石鹸を使用したメイクの落とし方や、石鹸を使ったメイクの落とし方で重要なことをご紹介したいと思います。

石鹸でメイクを落とすことによるダメージ

まず始めに理解すべき点として、一般的な石鹸は洗浄力が強いということを理解しましょう。

その石鹸を使用してメイクを落とそうとすると、肌へダメージを与えてしまうことも合わせて理解する必要があります。

さらに、石鹸はクレンジング剤のようにメイクを落とすためだけに作られたものではないため、しっかり力を入れて洗わないとメイクが落ちません。

そのため必然的に擦る量と力が増えてしまいます。

そのため、石鹸でメイクを落とすことは肌へダメージを与えてしまうのです。

しかし、石鹸の成分や、石鹸で落とせるような専用のメイクを使用するなど、いくつかの工夫をすればクレンジング剤よりも肌へのダメージを防ぐことが可能です。

近年では、肌に優しく石鹸で気軽に落とせるようなメイクは充実しています。

スポンサードリンク

石鹸でメイクを落とすにはメイク選びが重要

石鹸を使ったメイクの落とし方で重要なポイントは3つです。

ひとつめは、石鹸で落とすことが出来るファンデーションを使用すること。

ふたつめに、マスカラやアイラインなど色素が強い部分はお湯で落とせるようなものを使う。

最後に、天然成分などで出来ている肌に優しい石鹸を使うことです。

簡単に言うと、石鹸でメイクを落とすには「石鹸で落とせるようなメイクをする」ということが大切なのです。

つまり、クレンジング剤でなければ落とせないようなメイクは石鹸で落とすことには向いていないということになります。

石鹸を使ってメイクを落とすには

石鹸を使ってメイクを落とすにはいくつかのポイントがあります。

いずれもごく簡単なことですが、まずは「泡立てネット」を使用することが大切です。

石鹸でメイクを落とす際には、固形の石鹸を泡立てて非常に細かい粒子状にしてメイクに馴染ませる必要があります。

石鹸とメイクが馴染むことで洗い流せます。

次に、石鹸を顔につけて洗う際には皮膚が見えなくなるほどの厚みを持たせるようにしてください。

たっぷりの泡を使って、目元、鼻、口元を中心に指先で小さな円を描くように優しく擦ってください。

石鹸の泡立ちがしっかりしていれば指と皮膚が直接触れることがないので、肌へのダメージを減らせます。肝心なことは「しっかり泡を立てること」と「優しく洗う」ということです。

石鹸を使ったメイクの落とし方はメイク選びから

  • 石鹸は洗浄力が強いので肌にダメージを与えやすいことを理解する
  • 石鹸でメイクを落とす際にはメイク選びが重要
  • 泡立てることと優しく洗うことがポイント